※開催は終了しています
指 導
ラクな体で弾きましょう ~導入期から実践!脱力でこそ出せる“いい音”を求めて~第2回(全2回)

2018/6/19(火)10:30-12:30

【 講師 】田中 巳穂
【 会場 】新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール

内容 導入段階からピアノらしい音で弾くためには、力を入れることと抜くことを子どもさん自身が体感する必要があります。
体の大きさや、発達の度合いに対する無理のない弾き方とは?
バナナトレーニング(バナトレ)もお楽しみに!
耳を育てるには?・・・
大曲が弾けることを前提とした奏法で、小さな手で奏でるかわいいドレミを育てていきましょう!

♪第1回 2018年5月15日(火)
力を抜くには心もリラックス。リー・カムシン先生、J.バスティン先生らのアプローチに学ぶ解放感。
1音の徹底分析、キーボードの生徒との実践例、など。

♪第2回 2018年6月19日(火)
さまざまなタッチと呼吸法。曲の中でどう脱力を意識していくかについて、生徒目線で考えます。
使用教材 バーナム導入書(全音)、ブルグミュラー(各社版)、第1回でリクエストがあった作品や教材
受講料 会員(OTC、新響講師、ピティナ、研究会):【1講座】3,300円/【全講座】6,000円
一般:【1講座】 3,800円/【全講座】7,000円
主催 田中 巳穂 【後援】西宮支部
問合せ先 新響楽器西宮北口オーパス店 OTC企画
TEL:0798-65-0631 FAX:0798-65-5977
E-mail:opus@shinkyo-gakki.com

参加者レビュー・開催レポート

電子ピアノとGPを交互に弾いて下さること(同じ場所で)で、どの様に違うのかよくわかりました。弾いていて心地よいことは、聴いていても心地よく、ピアノの構造、身体の細かい所をクローズアップしつつ、全てが一体となり、演奏者、聴衆、楽器の融合する音楽は、素晴らしいと感じました。ありがとうございました。
電子ピアノで練習している生徒さんも、とてもタッチにニュアンスが感じられて感心しました。指導の仕方ひとつで、表情も音色も拡がるのだということを再認識しました。ブルグミュラーも1曲1曲、音の重みのかけ方を教えて下さり、また電子ピアノとの弾き比べも興味深かったです。先生の美しい演奏に聞き惚れ、美しい音楽を作るためには何が必要かということについて、様々な角度からたくさんのヒントをご教示頂き、とても有意義でした。