※開催は終了しています
指 導 理 論
J.S.BACH指導法 シンフォニア美的探究 -全15曲の演奏&解説- (4)

2018/9/25(火)10:15-12:15

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】東音ホール

内容 ※第4回が追加になりました。

J. S. バッハ シンフォニア全曲制覇!



バッハ/2声インヴェンションを卒業したら何を与えますか?

本格的にポリフォニーの立体的な美しさを感じるのはシンフォニアです。しかし、2段の大譜表で3声を弾かなければならない、というハードルを越えるのはとても大変だと思います。

バロック曲の譜読みを楽しんでほしい、それと同時に各声部の役割を考えながらどのように融合させて音楽を作っていくのかの道筋をつけてあげたい、そんな願いを込めてこの講座をお届けします。


(全4回講座…第1回 2017年12月21日(木)・第2回 2018年3月6日(火)・第3回 2018年4月12日(木) )
使用教材 合奏譜によるJ.S.BACHシンフォニア(東音企画版)

シンフォニア(各社版)
受講料 《1講座》 ピティナ会員 3,000円/一般 4,000円(各税込)
主催 東音企画
問合せ先 株式会社 東音企画

170-0002 東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル5F

TEL: 03-3944-1581 / FAX: 03-3946-4457

参加者レビュー・開催レポート

今日は改めて4段譜の大切さを実感しました。「四期の名曲を弾くために」の講座から「バッハのいろは」の講座へ、そして「シンフォニアと平均律」の講座へ…バロックの背景(宗教観)から始まる学びがとても心地よくしっくりくるようになりました。大切なことを繰り返し伝えること(基礎の土台だけではなく、背景を表すもの)を怠らずにと思います。
赤松先生の演奏と解説、2時間で何冊も本を読み、何本もコンサートを体験したような中身の濃さです。宗教的な意味の深みなどなど更に勉強を続けたいと思います。
シンフォニアと平均律の講座を受講する回数を重ねて、一度や二度では覚えられないことも少しずつ頭に残るようになってきました。大学時代に一般教養でキリスト教学の授業がありましたが、あまり興味を持てませんでした。今なら、バッハやバロック期の曲、音楽から、親近感を持って勉強できるのに…と悔やんでいます。が、これから演奏のためにも、聴衆の一人としても、キリスト教への関心を持ちながら知識を増やしながら理解を深めていきたいです。