※開催は終了しています
演 奏 アンサンブル
音楽総合力UPワークショップ2018 第9回 洋の東西のメンタリティーギャップ~日本人が西洋音楽をするということ~Part.2

2019/2/13(水)10:30-12:30

【 講師 】小森 輝彦
【 会場 】東音ホール

内容 2017年度のワークショップにて大好評をいただいたため、引き続きご登場いただきます! 長年ドイツ歌劇場の専属歌手を務め、日本人で初めてドイツ宮廷歌手の称号を受けた小森先生による、歌と言葉と音楽の世界をお楽しみください。
●小森 輝彦(バリトン歌手) プロフィール●

17年にわたるドイツ滞生活に終止符を打ち、2012年秋に日本に帰国。二期会、新国立劇場、東京室内歌劇場などの公演で、現代作品を含め数多くの主役を務めている。2013年には新国立劇場「タンホイザー」、東京二期会「マクベス」「ホフマン物語」、宮城に於けるオペラ「遠い帆」他に出演予定。東京芸大、同大学院、文化庁オペラ研修所、ベルリン芸術大学で学ぶ。五島記念文化財団オペラ新人賞受賞。第二回藤沢オペラコンクール第2位。ルクセンブルク国際声楽コンクール奨励賞。日本人初のドイツ宮廷歌手(Kammersänger)。二期会会員。東京音楽大学客員教授。
受講料 ◆全10回一括申込◆
東京会場コースのみ前半券あり ※ピティナ会員対象

◎東京会場コース/eラーニングコース◎
早割 2018/3月末まで 一般:43,000円 会員:38,000円
通常 2018/4/1以降 一般:45,000 円 会員:40,000円

◎東京会場コース+ eラーニングコース◎
早割 2018/3月末まで 一般:58,000円 会員:48,000円
通常 2018/4/1以降 一般:60,000 円 会員:50,000円
主催 ピティナ本部事務局
問合せ先 ピティナ本部事務局
TEL:03-3944-1583
申込はこちら