※開催は終了しています
演 奏 理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ 「四期」の知っておくべきこと 2018 〜作曲家とその時代の音楽的語法〜 第4回 ロマン(全4回)

2018/7/13(金)10:00-12:00

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】ピアノハープ社 ピアノギャラリー

所在地:熊本県熊本市月出6-3-20
内容 「四期」と一言でいっても、大きな時代区分の中では、背景となる地域や年代が異なれば、作曲家の精神風土もそれぞれです。例えばバッハでもベートーヴェンでもショパンでもドビュッシーでも、楽譜で示される記号自体は同じものですが、その表現(解釈)の仕方はまるで異なります。ですから、<知っておくべきこと>が楽譜の外側にたくさんあるのです。今回はバロックから近現代に至る名曲を通して、その時代・その作曲家にあったアプローチを紹介していきます。
【第1回】【第2回】 4月19日(木)
10:00-12:00 近現代 / 13:00-15:00 バロック
【第3回】 5月31日(木)10:00-12:00 古典
【第4回】7月13日(金) 10:00-12:00 ロマン
※参加ご希望の方は、当日の受付混雑を避けるため、事前にお振込を頂けますと大変助かります。
※弊社併設駐車場は15台までです。
※近隣のご迷惑もございますので弊社駐車場をご利用の方は9:50までにお願い致します。
受講料 各1期券 【熊本支部会員】 3,000円
各1期券 【他支部会員】 3,500円
各1期券 【一般】  4,000円
※受付の際は会員証をご提示ください。
※各当日500円増し
主催 ピティナ熊本きなっせステーション
問合せ先 ピティナ熊本きなっせステーション
862-0920 熊本県熊本市東区月出6-3-20(株)ピアノハープ社内
TEL:096-386-8248 FAX:096-386-8250

参加者レビュー・開催レポート

今回も曲の説明と共に、作曲家の裏話、時代背景なども楽しく聞かせてもらえ、とても勉強になりました。子供達に今、どのような練習が必要か、細やかに丁寧に分かりやすく惜しみなく教えてくださり、とても良かったです。レッスン室弾き、ホール弾き、それがタッチにより変化させる大切さ。普段から指先をしっかり鍛える筋トレを継続すること、そして耳を養うことの大切さを改めて実感しました。
ロマン派の曲を演奏する上で、何か変化をさせないといけないと思っていたことが、日本人が陥りやすい歌わせ方をさせていたと気付きました。生徒の陥りやすい弾き方からの解決方法がとても勉強になりました。
開催記録はこちらから