※開催は終了しています
演 奏 理 論
演奏家が伝える「バッハのいろは」 プレ・インヴェンション/インヴェンション/シンフォニア ~本流を学ぶ~(1)

2018/6/20(水)09:30-11:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】さざんぴあ博多 多目的ホール

内容 バッハを心から楽しんでいますか?
「プレ・インヴェンション」「インヴェンション」「シンフォニア」の根底に流れている神髄を1つずつひも解きながら、溢れるような魅力を感じてください!!バッハの世界への”道しるべ”となる講座です。
実演を織り込みながらお届けします。(全2回講座)
第2回 2018年9月12日(水) 9:30-11:30
使用教材 【新刊】合奏譜によるJ.S.BACHシンフォニア(東音企画刊)
プレ・インヴェンション/インヴェンション/シンフォニア(各社版)
受講料 【各回】バスティン研究会 in 福岡会員:3,500 円 / 一般:4,000 円
【2回シリーズ(バス研会員のみ)】 6,500 円
(各税込)
主催 バスティン研究会in福岡(ユーオン芸育社内)
協力:ピティナ博多南ステーション
問合せ先 バスティン研究会 in 福岡(ユーオン芸育社内)
TEL: 090-3904-3558(福本)/ 090-5928-9971(石川)
Mail: piano@u-on.jp

参加者レビュー・開催レポート

楽譜に書いていないことを読み解けるようになりたい。私もやはり子ども時代からそんなレッスンは受けれなかったです。日本人だから感覚的なものも違う。でも次の世代にはそういうレッスンは通用しないと思います。知らなければいけないことがたくさんありすぎ、少しあせり気味です。
セミナーには初めて参加しましたが、自分がいかに何も知らずバッハに取り組んでいたかがわかりました。1曲1曲一つ一つの音が奥が深く、やはりバッハは宗教曲なんだなと改めて思い知りました。少しでもバッハがつくった世界へ近づけるよう、味わえるように自分の演奏をもっと深めていきたいです。大変充実した内容でした。
私自身何も知らずにバロックやバッハをただ弾いていたのみでした。それ故に子供たちがコンクールを受けるに当たり、悩みは深くなるばかり・・・。赤松先生のこちらの講座を心待ちにしておりました。たくさんの興味深いお話があり、少しだけではありますが、わかりかけてきたような気がします。バッハの音楽に対する興味が更に深まりました。次回も楽しみにしています。