※開催は終了しています
指 導 テクニック
初級指導から取り込めるロシアピアニズム ! ! ロシアの小品を使って(カバレフスキー他)

2017/12/4(月)10:00-12:00

【 講師 】奈良井 巳城
【 会場 】シティエラホール

所在地:鹿児島県鹿児島市住吉町7-18
内容 モスクワ音楽院で学んだ奈良井先生によるロシアピアニズムの〈姿勢〉〈打鍵〉〈ペダリング〉で、さらに魅力的な演奏を目指しましょう。1本1本の指のコントロールで多彩な音色を奏でる表現へ、より深く掘り下げたい、演奏法を生徒に届けたい指導者の為の講座です。カバレフスキーだけでなく、中・上級クラスにも役立つノウハウを、先生の実演奏とともにお届けします。
使用教材 カバレフスキーこどものためのピアノ小曲集
24の子供のためのやさしい小品 Op.39
35のやさしい小品 Op.89「こどもの冒険」 (全て全音楽譜出版社刊)
以上の3冊他
受講料 ピティナ会員 3,000円
一般     3,500円
主催 【共催】ピティナ南の国のアリスステーション
問合せ先 ピティナ南の国のアリスステーション TEL:099-250-6440

参加者レビュー・開催レポート

打鍵の仕組み、大変興味深く聞きました。タッチの持っていき方、音色と響きの違いを具体的に理解して取り組むことの必要性を痛感しました。ロシアの作曲家の相関関係も詳しく分かって良かったです。
帰ってハノンが弾きたくなりました。子供達と生徒達とテクニック鍛えて楽譜マッピングします。後半の演奏にうっとりしました。
腰の関節が重要だということがわかりました。腰のブレはよくないと聞きますが、体の要ですからね。また、打鍵の倍音の違いもよくわかりました。