※開催は終了しています
演 奏 理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ バッハ 平均律講座 -演奏と解説- 第7回 -第1巻 第13番、14番-

2018/5/24(木)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】豊洲文化シビックセンター

内容 《平均律クラヴィーア曲集》は音楽を学ぶ全ての人にとっての聖書です。
全48曲にバッハ音楽の奥義がエッセンスのように凝集されており、今日に至るまでの鍵盤史の源流となっています。
毎回4曲ずつのシリーズ開催となりますので、本格的な学びをとおして、音楽全般にわたる知識や奏法を獲得していただきたく思います。
【第7回】平均律 第1巻 No.13、14

---------------------------
【第6回】平均律 第1巻 No.11、12
2018年 1月25日(木) 10:30-12:30
受講料 受講料:5,000円(5/23(水)までにご入金をお願い致します)
※上記の金額は前日までのクレジット決済または、お振込の方に適用されます。
※当日の現金決済は千円増しとなります。
主催 ピティナ市ヶ谷プルミエステーション
問合せ先 ピティナ市ヶ谷プルミエステーション
TEL:03-5229-0338 FAX:03-5229-0338

参加者レビュー・開催レポート

平均律講座にうかがうと、バッハの楽譜を台本とした赤松林太郎劇場のように思えて、毎回大変楽しみにしています。なるほどと思わせてくださる理論と演奏で納得させてくださり、大変ありがたいです。
プレリュード10のemollにおいて、左手のオスティナートまたイネガルな動き、これらをどのように弾くのか、先生はバッハのチェロ無伴奏ソナタの出だしを弾いてくださり、その揺れを参考にと教えてくださいました。すごく納得できました。