※開催は終了しています
演 奏 理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ バッハ 平均律講座 -演奏と解説- 第6回 -第1巻 第11番、12番-

2018/1/25(木)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】豊洲シビックセンター

内容 《平均律クラヴィーア曲集》は音楽を学ぶ全ての人にとっての聖書です。
全48曲にバッハ音楽の奥義がエッセンスのように凝集されており、今日に至るまでの鍵盤史の源流となっています。
毎回2曲ずつのシリーズ開催となりますので、本格的な学びをとおして、音楽全般にわたる知識や奏法を獲得していただきたく思います。
【第6回】平均律 第1巻 No.11、12

---------------------------
【第7回】平均律 第1巻 No.13、14
2018年 5月24日(木) 10:30-12:30
受講料 受講料:5,000円(1/24(水)までにご入金をお願い致します)
※上記の金額は前日までのクレジット決済または、お振込の方に適用されます。
※当日の現金決済は千円増しとなります。
主催 ピティナ市ヶ谷プルミエステーション
問合せ先 ピティナ市ヶ谷プルミエステーション
TEL:03-5229-0338 FAX:03-5229-0338

参加者レビュー・開催レポート

先生の知識の豊富さに圧倒され、無知をさらけ出して弾いてきたと思うとはずかしい限りです。この機会に時代背景や古楽器や奏法など調べることから始めないと何も伝えることが出来ないのだと思いました。
楽譜からどのようにバッハのドラマを読み取るか、どのような意味をこめて音型やリズムが使われているか伺うことはとても興味深いです。又、その解説をして下さったことを即座に演奏できちんと伝えて下さることに感謝と感動の時間でした。
リズム、タッチなどすべてのものが、そこにしかない唯一無二のものとして、そこにふさわしいものを考えて演奏することがどんなに大切かを実感しました。知識と感性、どちらが抜けても演奏は出来ませんね…!
学生達が何も分からずに弾いているということは、指導者も理解してレッスン出来ていないということ。楽曲分析に深く踏み込んだ赤松先生の講座は、楽器のジャンルを越えて音楽に関わる全ての人にとってバイブルになりますね!