※開催は終了しています
コンクール
2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー

2018/3/19(月)10:00-12:30

【 講師 】関本 昌平
【 会場 】サフラン(Tea Lounge REFRAIN 2F)

内容 ピティナ特級グランプリ(2003)、ショパン国際ピアノコンクール第4位(2005)、ピティナ指導者賞受賞、ピティナ・ピアノコンペティションのおいても様々な級で金賞受賞者を輩出するなど、ピアニストとしても指導者としても活躍中の関本昌平先生にご登場いただきます。小さな級の曲でも思わず感動させられるその音色は必聴です。コンペティション参加に関わらず、ぜひ聴きにいらしてください。
主にA2級~D級のバロック・古典・ロマン・近現代曲を中心に取り上げます。
※一部抜粋となる場合がございます。
受講料 会員(ピティナ・バスティン研究会):3,500円/一般 : 4,000円/学生:2,000円
(各税込)
主催 ピティナ仙台おりひめステーション
【共催】ピティナ仙台中央支部
問合せ先 ピティナ仙台おりひめステーション
TEL&FAX:022-234-7196 MAIL:sumistar@kdn.biglobe.ne.jp

参加者レビュー・開催レポート

4期の弾き分け、同じ年代の中でもハイドン、ベートーヴェン、モーツァルトの演奏の仕方の違いが勉強になりました。ギロックの飛翔からラフマニノフの音楽を引っ張り出す、ベートーヴェンのソナタからベートーヴェンの別の曲を持ってくるという引き出しの多さ、演奏能力の高さに驚きました。穏やかな口調ながら、例えがおもしろく的確な感じでした。
さまざまな作曲家の同調の曲や、ベートーヴェンの同音連打の例えなど、多くのレパートリーの中から多様な例を弾いて下さるのがとても楽しく、同じように生徒に説明できるよう頑張ります。
腕の使い方や、指先のコントロールなど様々なタッチの工夫を教えていただきました。ペダルも美しかったです。同じ音型の弾き分けも勉強になりました。レッスンで生徒さんと一緒に考えたり、弾き比べしたりしたいと思います。「その作曲家らしさ」のお話を聞いて、広い知識や深い理解の大切さを改めて感じました。