※開催は終了しています
演 奏 理 論
作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法―

2018/2/12(月)10:00-12:00

【 講師 】久元 祐子
【 会場 】みずほ楽器浜田店4Fスタジオ

内容 19世紀パリのサロンで生まれた作品の美学をスコアから読み解くこの講座ではショパンを「ショパンらしく」弾くために、その代表的な作品を例にとり緻密な楽曲分析と時代・文化的背景の解説を通して、最もふさわしい演奏をめざします。
《曲目》ショパン作曲
○ワルツ 第3番 イ短調 作品34-2
○ワルツ 第6番 変ニ長調 「小犬のワルツ」 作品64-1
○ノクターン
○エチュード
○マズルカ 作品59
受講料 ピティナ会員:2,500円  一般:3,000円
主催 ピティナ島根西部支部
問合せ先 ピティナ島根西部支部
TEL:0855-24-2111 FAX:0855-24-2112
MAIL:office@mizuho-gakki.co.jp
697-0022 島根県浜田市浅井町1585(有)みずほ楽器内 

参加者レビュー・開催レポート

こんなにショパンの曲から楽器、音色、ペダリングまで掘り下げる講座は初めてでした。先生の美しい音、もっともっと聴いていたいと心から思いました。まず、聴く力ですね。
同じピアノでも、先生の出される音色は、多種多様で驚きました。シフトペダルもこんなに使って良いのかと発見でした。もっともっと勉強していきたいなと思います。一音一音にこだわりを持ちたいです。
レッスンの中で最も大切な基本的なことを教えていただき、受講して本当に良かったと感謝の気持で一杯です。内容も先生の演奏も本当に素晴らしく感動しました。今日、教えていただいたことを日々のレッスンで実践していきたいと思います。
ショパンを軸に歴史的なこと、人物、ピアノの構造そして具体的なテクニック方法、楽譜についてなど2時間があっという間でした。先生のお話を生徒達に伝えていこうと思います。
開催記録はこちらから