指 導 テクニック
馬塲マサヨ連続セミナー 第1回(全2回)  目からウロコのピアノ奏法 -どんなに努力してもうまくいかないと悩んでいる人のために-

11/22(水)10:30-12:30

【 講師 】馬塲 マサヨ
【 会場 】カワイ梅田 コンサートサロン“ジュエ”

内容 一流の演奏家が、難しいパッセージをいとも簡単に演奏しているのは、彼らが天才だから? それとも練習量が半端じゃないから?
もちろん、彼らは優れた運動能力とバランスのとれた柔軟な手指を持っているに違いありません。でも、そんな並外れた能力を持ち合わせていない人でも、弾き方を見直すだけで、弾けなかったパッセージが驚くほど簡単に弾けてしまい、あきらめていたテクニックをものにすることができるようになります。
一生懸命練習しているにもかかわらず上達しないとしたら、何かが間違っているのかもしれません。
1.西洋人と日本人の身体の使い方の違いを知ろう
ここで問題にするのは体格の違いではありません。身体の使い方の違いがあるのです。西洋の楽器であるピアノを弾きこなすには、西洋人の身体の使い方をよく理解して演奏した方が効率的です。日本人の動きと西洋人の動きを分析し、腕の使い方を見つめ直します。そして、日本人の苦手な動きを自然に身につけるトレーニング方法を教えます。

2.弱い指は、鍛える前に使い方を見直そう
指の独立のためと思って行っている練習が、無駄な力を入れる練習になっていませんか?指はやみくもに鍛えようとしてもうまくいきません。どの関節をどのように動かすことが効率の良い打鍵につながるのか、拡大版手製の「指の模型」を使ってわかりやすく解説します。

3.1指、5指の弾き方を見直そう
ピアノを弾く手の「構え」を腕や手の骨格から考えて見直します。1指5指の合理的な使い方をお伝えします。手の向きや使い方を見直すだけで、オクターブや和音がとても楽に弾けるようになります。

4.腕が痛くならない弾き方を身につけよう
演奏すると腕が痛むという人は多いと思います。痛みは辛いものです。腕が痛い理由には様々な原因が考えられますが、痛みの原因を主なケースごとに説明し、その解消法もお伝えします。
使用教材 使用テキスト:「目からウロコのピアノ奏法-オクターブ・連打・トリル・重音も即克服-」
参考テキスト: 「目からウロコのピアノ指導法」 
※テキストは当日も販売いたします。
受講料 会員(音研会・ピティナ・JPTA・カワイメンバーズ) 2,500円(税込)
一般 3,000円(税込)
主催 カワイ梅田
問合せ先 カワイ梅田
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル1F
TEL:06-6345-8300/FAX:06-6345-8863
E-mail:umeda-shop@kawai.co.jp

この講師の過去のセミナー

今後開催のセミナー

日程 地区 タイトル 詳細
2017-11-22 大阪 馬塲マサヨ連続セミナー 第1回(全2回)  目からウロコのピアノ奏法 -どんなに努力してもうまくいかないと悩んでいる人のために- 詳細
2018-01-23 大阪 馬塲マサヨ連続セミナー 第2回(全2回)  目からウロコのピアノ指導法 -譜読みが苦手…は克服できる!先生も生徒も楽しみながら上達できるピアノレッスン- 詳細