※開催は終了しています
演 奏 アンサンブル
ピアノライフが魅力的に、さらに楽しくなる健太郎&直美のデュオの世界 ~レクチャーコンサート~

2017/10/23(月)10:30-12:30

【 講師 】安嶋 健太郎鈴木 直美
【 会場 】フェリーチェホール

内容 「楽器の王様」とも言われるピアノ。
何でもひとりでこなせてしまう事は大きな魅力ですが、連弾経験を通じて「お互いの音を聴く」「呼吸を合わせる」ことは、ソロの演奏にも大きな広がりを与えることでしょう。
連弾などのアンサンブルをレッスンに取り入れることで、生徒達がピアノに取り組む姿勢はグンと前向きなエネルギーを生み出します。

今回は、お二人のレクチャーを交えたコンサートです。
お洒落なデュオの演奏を心ゆくまでお楽しみ下さい。
♪ 演奏曲目(予定)♪
プーランク ソナタ
ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会」より ワルツ
バーバー スーベニア
木下牧子 やわらかな雨より 「一羽のかもめ」「追憶」「西風のゆくえ」
カプースチン シンフォニエッタよりⅠ&Ⅳ 
受講料 一般 4,000円
ピティナ会員 3,000円
主催 ピティナ宝塚支部
問合せ先 ピティナ宝塚支部 
TEL:090-9888-1017(中西)
MAIL: ptna-takarazuka@piano.zaq.jp

参加者レビュー・開催レポート

楽しかったです!「連弾は自己主張だ」いいですね。最近自分の生徒にsoloでもどこか清く正しく美しく、むりやり弾かせてるなあと思っていたので、タイムリーな言葉と演奏、もっとはじけて生きたいなあと思いました(笑)今日ワクワクした気持ちをこのままレッスンに子供たちに持ち帰ります。シンフォニエッタ弾いてみたいと思いました。
分かりやすく、楽しいレクチャーとプログラムでとても勉強になりました。国籍、作風の全く違う作曲家のプログラム、それぞれ全く色が違って、タイトルのある曲、ストーリーのある曲、風景が浮かぶようでした。連弾をする際、ⅡはⅠの土台というか、準主役のようなイメージを持っていて、自分がⅠの時もⅡの時もその意識があったのですが、Ⅱももっと前面に出ても良いのだなという気付き、しかし何も考えずに大きくするだけではただうるさくなってしまいそうで、研究の必要があるなあとか、どう考えて行くと良いのかなど、沢山考えながら拝聴致しました。
ステキな曲をステキなお二人で演奏され、直美先生がおっしゃった「楽しい」が正に聴いてる側にも伝わり、自分自身も楽しめました。直美先生のノリの良いジャズバージョンでアドレナリンがふつふつと湧いてきて「さあ、頑張ろう!!」という気になりました。後半はお二人の息のあった(人生経験豊かな直美先生のしきった?)トークを中心に、聴く人へのアプローチ高い誘いで、流れ込む演奏の面白さはまた格別なモノがありました。