※開催は終了しています
指 導 テクニック
ショパン演奏の秘訣 〜脈動の舞曲ポロネーズ、マズルカ、ワルツ編~

1/29(月)10:00-12:00

【 講師 】宮谷 理香
【 会場 】ホルトホール大分 小ホール

内容 ショパンの作品でも人気のあるポロネーズ、マズルカ、ワルツ。
でも、うまく音楽表現ができないとお悩みではありませんか。
ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞のピアニスト宮谷理香が、直伝の演奏法など、ショパン演奏の秘訣とコツを伝授します。
・ポロネーズ、マズルカ、ワルツ、それぞれの舞曲の特徴とは
・ショパン独特のテクニック攻略法
・難しさ克服の練習アイディア
・ショパンらしさを伝える奏法とは

<取り上げる予定の曲目>ショパン作曲
ポロネーズより 第1番 作品26-1、第6番 作品53「英雄」
マズルカより 作品7-1、作品24-2、作品59より
ワルツより 作品34-3「子猫のワルツ」、作品64-1「子犬のワルツ」 ほか
受講料 ピティナ会員:3,500円
一般:4,000円
主催 ピティナ大分YUMEステーション
問合せ先 ピティナ大分YUMEステーション
TEL:097-552-5650 FAX:097-552-5650
870-0916 大分県大分市高松東3-5-2-101 渡辺 菜穂美

参加者レビュー・開催レポート

自分自身の勉強はもちろんのこと、作曲家が何を考えていたのだろう、何を表現したかったのだろう、「音による思想の表現」を子供達に伝えていかなければならないと思いました。
今までやってきたこと、無駄ではなかったかも…と何かが繋がった気がして嬉しかったです。これからは、CDを沢山聴き、本を沢山読み、調べごともして沢山勉強して前に進みたいと思います。
作曲者や曲の情報を集めて、子供達に話したいと思いました。
開催記録はこちらから