※開催は終了しています
演 奏 指 導
1から学ぶ ショパンエチュード講座&公開レッスン

2017/11/11(土)【第1部】10:00-12:30/【第2部】13:30-15:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】サロン・ド・パッサージュ

内容
第1部 ショパンエチュード 講座 10:00〜12:30(9:30~受付) 
国内外でご活躍の赤松林太郎先生をお迎えし「ショパンエチュードの演奏法」について、それぞれの曲に適した音色、ペダリング、腕の使い方、効果的な練習法などをお話し頂きます。また、講座の最後には、赤松林太郎先生のプチコンサート を!
色々な作曲家のエチュードをお聴かせ下さる予定です。 講座、コンサート、レッスンと赤松先生の魅力を存分に感じられる学びに溢れた贅沢な1日をご一緒しませんか。
♪使用教材:ショパンエチュードOp.10、Op.25、3つの新練習曲より/楽譜:各社版( パデレフスキー版推奨)
☆赤松林太郎先生によるプチコンサートについて一部変更がございます。
今回はコンサート形式の演奏ではなく、講座の内容に沿ってお話の流れの中で色々な作曲家のエチュードを演奏していただく形となりました。ご了承くださいませ。



第2部 公開レッスン 13:30〜15:30(13:00~受付)
赤松林太郎先生ご指導によるピアノ公開レッスン。
理論に基づいた、分かりやすい表現でご指導いただけます。2台ピアノによるレッスンとなりますので、先生の実演を交えたご指導を受けられる大変贅沢な環境です。
曲目はショパンエチュードに限らず自由です。特に各種コンクール、演奏会を控えている方にもお薦めです。
・当日の楽譜は各自ご用意ください。
・受講者の方で足台、アシストペダル等必要な場合は各自持参の上、椅子、足台の調整、セッティングに関しましては保護者、または指導者が行ってください。
・ビデオ、写真撮影、録画に関しましては、演奏者の了解を得ている方のみ可能です。



<公開レッスン曲目>



1、年長  蝶々(ゲール)


2、小2   ワルツ14番ホ短調遺作(ショパン)


3、小4   ショパン風マズルカ(クログルスキ)


4、小2   ワルツOp70-2へ短調(ショパン)

      きらきら星変奏曲(モーツァルト)


5、小5   3つの新練習曲よりNo.1 へ短調(ショパン)


*プログラムに変更がございます。
都合により4番の方はショパン/ワルツOp 70-2 へ短調の演奏のみとなります。(「きらきら星変奏曲」の演奏はございません)


★<プライベートレッスン>16:00~ (15:45〜受付)
受講料 ☆聴講のお申し込み

・1部・2部 通し券
PTNA会員  7,000円、一般 7,500円、小学生以下 2,000円

・1部1回券/2部1回券
PTNA 会員  4,000円、一般 4,500円、小学生以下 1,000円

【申し込み方法】
ピティナHPからお申し込みの上、クレジットカードにて聴講料をお支払いください。お申し込み後のキャンセルによる返金は承っておりません。何卒ご了承ください。


※公開レッスン、プライベートレッスンともにレッスン受講者の申込は終了しました。
主催 ピティナ市川ソレイユステーション、ピティナ自由が丘リバティステーション
問合せ先 090-2626-0669 / nana@gf6.so-net.ne.jp(福山奈々)

参加者レビュー・開催レポート

生徒さんの実例との比較をおりまぜて分かりやすく興味深くショパンの芸術へ誘っていただきました。デリケートな楽譜の見方は勿論ですが、ペダルの使い方も奥深く、音楽に命が吹き込まれる一瞬一瞬に感動をいただきました。作品の求める音楽に近づくためのヒントを沢山与えていただき、今後の指導と演奏を少しずつ改善していけるよう努めて参ります。
伴奏をどう弾くか、ペダルのこと、設計図は実践するべきだと納得致しました。ピアニストがやっていたことは、こういうことなのかと大変興味深かった内容で、あっという間のセミナーでした。是非活かしてみたいです。赤松先生のセミナーを受けたら皆ピアノが大好きになるに違いないと思います。
2時間半みっちりとショパン、ロマン派の奥義を教えて下さりありがとうございました。ロマン派といっても、ショパンとリストは全く違うのが赤松先生の演奏でよく分かりました。ダメな演奏の具体例を示して下さったおかげで問題点が手に取るように分かりました。