※開催は終了しています
指 導 教 材
ブルグミュラー25の練習曲 ガイド5

2017/6/7(水)10:15-12:15

【 講師 】石黒 加須美
【 会場 】パピオビールーム 大練習室

内容 ブルクミュラーは、ショパンやシューマンと同じ時代を生きた作曲家で教育者でもあります。
「ブルクミュラー 25 の練習曲Op.100」は曲集として扱われることが多いですが、本来はロマン派の作品を弾くためのエチュードです。
比較的やさしい楽曲の中に、ピアノに必要なテクニックが凝縮されており、これらを理解して弾きこなせるかどうかが、その後のピアノの上達に大きく関わってきます。
まずは楽曲の作りを分析し、理論に基づいた説得力のある表現テクニックを身につけること・・・・。
福岡での音楽ノート 1.2.3.4 の講座に引き続き・・・・
ブルグミュラー曲 2 曲を用いて丁寧にアナリーゼとアプローチしていきましょう。
5 回目 No1. 素直な心 No6.無邪気
使用教材 ブルクミュラー25 の練習曲 ロマン派の作品の指導法(別冊解説書付き)」
「鍵盤付き 音楽ノート 6 段」ご用意の上、ご持参ください。
受講料 会員 3,500 円
一般 4,000 円(税込)
主催 バスティン研究会 in 福岡
問合せ先 バスティン研究会in福岡(ユーオン芸育社)
福本 幸子 090-3904-3558

参加者レビュー・開催レポート

冒頭の脱力、盲点がたくさんあり、自分自身がことのほか脱力していないことに気付かされました。ちょっとびっくり!毎回の細かなレクチャーで、今まで避けてきていた和音に向き合うようになりました。楽譜が立体的に立ち上がってくるのが見えて、新たな楽しみを見出しています。まだまだ足りないですが、さらに学んでいきたいと思っています。
脱力の体操は”支える力”の訓練まで必要なのですね。すごく納得出来ました。先生の借用和音のご説明は本当に分かりやすくて、分かるととてもうれしく楽しい気持ちになります。きっと子どももそうなんですよね!私がしっかり伝えることで楽しくもなり、つまらなくもなる…気合が入りました。
先生のお話を聞くのがとても楽しみでいつも参加しています。今日も、ブルグミュラーのお話、指の使い方、脱力の仕方までなど、どんどん教えてくださり、本当に私の記憶に全部入ればいいなと思いました。また色々お勉強させて下さい。