※開催は終了しています
指 導 教 材
「表現」と「テクニック」の同時進行 こどものためのピアノ曲集「なにしてあそぶ?」で楽しいレッスン

2017/10/23(月)10:00-12:00

【 講師 】安倍 美穂
【 会場 】日響楽器 池下店2Fホール

内容 表現とテクニックが一緒に身につく工夫がいっぱいのピアノ曲集『なにしてあそぶ?』
(曲集のレベルはブルグミュラー程度)。
レッスン室発、「ピアノの先生が作った楽譜」ならではのしかけの数々を演奏を交えながらお話いただきます。


◆「最初はグー、じゃんけんぽん!・・・はい!その言葉のまま弾いてみて?」
(組曲「なにしてあそぶ?」より「さいしょはグー!」変奏曲)

◆「とても恥ずかしがりやさんだから、この音はそっと触るだけ」
(組曲「宇宙のダンスフェスティバル」より はにかみやの一番星の舞)

◆「お話のあと、いつ音楽がスタートしたらいいかよく感じてね」
(組曲「眠り姫のおはなし」【朗読つき】」
   ◆◇名古屋支部 2017年下半期4回シリーズ講座◇◆
第1回 2017年9月25日(月) 講師:奈良井 巳城
 世界音楽事情 第4回  ロシアピアニズムの魅力
第2回 2017年10月23日(月) 講師:安倍 美穂
「表現」と「テクニック」の同時進行 こどものためのピアノ曲集「なにしてあそぶ?」で楽しいレッスン
第3回 2017年11月24日(金) 講師:石井 なをみ
古典派へのアプローチ―正しい解釈と奏法を学ぼう!―
第4回 2018年2月5日(月) 講師:沢田 菊江
自立する生徒を育てるレッスン術―導入期に確実に身に付けたい3つのポイント―
使用教材 『なにしてあそぶ?』【カワイ出版刊】安倍美穂作曲 税込1,944円(本体1,800円)
受講料 一般(1回):3,500円 
会員(1回):3,000円
シリーズ講座 4回通し券:10,000円
主催 ピティナ名古屋支部
問合せ先 ピティナ名古屋支部 TEL:052-753-6275

参加者レビュー・開催レポート

2時間の講座があっという間で先生のお話をお聴きしながら私自身が物語、その中の人物になりきった感じですごく引きこまれていきました。分かりやすいお言葉「じゃん けん ぽん!」のあとの緊張感などは早速使っていきたいです。先生のお話のされ方、とても分かりやすくワクワク!へぇ、そっか...など気持ちも一緒に一喜一憂でき私もそういった話を子どもに向けできるように!心がけて参りたいと思いました。ありがとうございました!
今まで楽譜にこう書いてあるからこうやって弾いて!と子どもたちに言ってきたのですが、安倍先生の想像力豊かでやわらかな語り口で本当にピアノで遊びながら弾いているような気になりました。ただの3つの和音が並んでいるだけでも、ジャンケンポンのように言葉を当てはめたり、休符にチーン...という音を入れたり子どもがつまづきそうなところを分かり易く解説して下さって、とても勉強になりました。6/8と書かれていたら“揺れるように”という頭になっていたのですが、語り手である、描写である、とお話されて、そういう表現もあるのか!と驚いたのと、その方が曲の感じに合っている!と発見できました。子供たちと話し合いながら想像力豊かなレッスンをしていきたいです。
最初にお話いただいた即興についてとても興味がわきました。僕自身リトミックや即興を全くやらずにきたので、こんなにも少ない音やリズムの変化で曲を作ることができて驚きでした。教会旋法はとてもかたくて触れられない難しいものだと思っていましたが、ひょうきん(ミクソリディア)、かっこよくするときはこの旋法など聞いてとても面白かったです。気持ち、情景(描写)、ブランコ(サビてる音)の表現がお話聞きながら凄く伝わり、曲ってこんな風に考えられていて、生徒と一緒に使いたいと思いました。本当にセミナーを受けていて1曲1曲のストーリーが面白く、即興(曲の骨組)についてや為になることが多くあっという間の時間でした。ありがとうございました。