※開催は終了しています
指 導
ブルグミュラーを楽しく そして魅力的に 指導と演奏のアイディア

2017/5/31(水)10:00-12:30

【 講師 】江崎 昌子
【 会場 】カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”

内容 コンクールでも求められる上級テクニック‘表現力’

”表現力”の指導は難しいと言われますが、「表現する面白さ」を子どもたちに伝えられたら・・・
その子は生涯にわたって ピアノを楽しく続けてくれるでしょう。

ピアノ教材として親しまれてきた「ブルクミュラーの練習曲」は、各曲に‘標題’がついているため イメージが作りやすく、また テクニックの要素、楽曲構成がしっかりした、素晴らしいエチュード(練習曲)です。
初級者でも、自然なルバートを学ぶことができる‘ブルクミュラー’を上手く活用することで、豊かな表現を目指すことができます。
また、歌心あふれる ショパンの「舟歌」「子守歌」も取り上げ、ブルクミュラー練習曲との関連性についてもお話ししていただきます。
♪ 標題にあった音楽の作り方・・・「原題」から考えてみましょう
♪ 練習曲としての活用方法・・・・効果的な進め方/曲の組み合わせ について
♪ ペダリング・拍子感 によって変わる・・・フレージングとアーティキュレーション
 1)ペダリング・・・踏むタイミング、離すタイミング、どう指導するか?
 2)意外と意識されていない‘拍子感’どう指導するか?
♪ 無理なく弾くための身体の使い方・・・肩甲骨 と 腕・肘・指の関連性
使用教材 ブルクミュラー/25の練習曲、18の練習曲
ショパン/舟歌 Op.60 、子守歌Op.57
受講料 カワイ講師・音研会 2,500円
会員(カワイスコアメンバー・PTNA・JPTA・ショパン協会・Miyoshi Net) 3,000円
一般 3,500円
学生(小・中・高・大学生) 1,000円
主催 カワイ名古屋
問合せ先 カワイ名古屋 TEL: 052-962-3939