※開催は終了しています
演 奏 指 導
作品の時代によって“音色を変える”とは?

2017/9/25(月)10:00-12:00

【 講師 】関本 昌平
【 会場 】ヤマハ デッキィ401センター

内容 ※会報OURMUSICの会場の掲載に誤りがございました。大変申し訳ございません。正しくは上記記載の「ヤマハ デッキィ401センター」となります。

時代を代表する作曲家それぞれの曲の中に秘められた音のこだわり、聴かせどころなどを演奏家の観点よりわかりやすくアドバイス。
ピアニストとしてはもちろん、指導者としても活躍中の関本先生が、タッチやアーティキュレーションなど具体的な奏法に関する解説を交えながら、それぞれの楽曲に求められる「音色」を、実際の演奏とともにレクチャーしてくださいます。
どうぞお楽しみに!
♪古典期のソナタより作曲家別の特徴と奏法
~ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン~
♪ショパンエチュードの習得について、正しく学ぶための導入・基礎
受講料 ピティナ会員 3,000円(税込)
一 般  3,500円(税込)
主催 ピティナわくわくステーション in 新潟
後援:ピティナ新潟支部 協力:わたじん楽器
問合せ先 ピティナわくわくステーション in 新潟 
TEL:025-246-0263

参加者レビュー・開催レポート

いつも自分の生徒に「弾き始める前にその曲をイメージして」と言っていましたが、今日の講座を聴いて具体的にどうイメージするのか、そのイメージしたものをどう音につなげるのか教えていただきました。そして改めて弾く前から曲は始まっているのだということに気付かされました。自分で弾いていても、つい書かれている事を目で追いがちですが、音に耳を澄ます事を最優先にしていきたいと思います。
一つ一つがとても素晴らしい音色、音楽でした。私だけ(指導者)だけでなく子供たちにもこうした講座を受ける機会があればぜひ参加させたい、そう思いました。すべては求める音楽により…という所だと思いますが、多くの引き出しを作る事で多彩な表現を楽しめるようになること、その楽しさを子供たちに伝えていきたい。今日は音楽への気持ちがより強くなったのを感じましたし、沢山の音楽的感動を頂きました。またお会い出来るのを楽しみにしております。有意義な時間を本当にありがとうございました。