※開催は終了しています
演 奏 指 導
赤松林太郎徹底講座シリーズ(全3回) バロック・インヴェンション編 〜導入から誤らないための対位法指導〜

6/6(火)第1回 10:00-12:00/ 第2回 13:00-15:00

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】武蔵野スイングホール

内容 「共通の話題について話しているけれど、話す人によって声が違うのだ」と、バッハは息子たちに対位法について説明したそうです。対位法は、2声のインヴェンションも含めて、伝統的に4声で構成されています。インヴェンションを美しく、音楽的に仕上げるための知識と演奏指導法を3回にわけてお伝えします。
【第1回(午前の部)】 2017年6月6日(火) 10:00-12:00
曲目:第1番~第5番

【第2回(午後の部)】 2017年6月6日(火) 13:00-15:00
曲目 : 第6番~第10番

【第3回】 2017年7月4日(火) 10:00-12:00
曲目:第11番~第15番
受講料 1回券    一般 3,500円 会員 3,000円
3回通し券  一般 9,500円 会員 8,500円
※当日支払いの場合、どなた様でも1回券3,500円、通し券10,500円を頂戴いたします。
主催 ピティナ西東京パザパステーション 【共催】小平ベリーズステーション
問合せ先 ピティナ西東京パザパステーション TEL:042-467-9077

参加者レビュー・開催レポート

様々な解釈のあるバロック音楽ですが、なぜ切って弾くか、なぜレガートで弾くか教わって来なかったので、感覚で何となく弾いてしまっていた部分がありましたが、今回理由を含めて教えて頂けたことで、自分の演奏に自信が持てるようになりそうですし、自分なりの考える力がつきそうです。生徒にも理由と考え方を含めて指導していきたいです。
先生の楽典の分析のされ方が学びの発展性に繋がります。何度も聴かせて頂いて、理由→結果を大切に感じます。関連させる、結びつける学習を感じています。
開催記録はこちらから