※開催は終了しています
演 奏 テクニック
もっと知りたい! ベートーヴェンの三大ソナタの魅力 ~ピアニストが表現するベートーヴェンとは?!~

2017/2/16(木)10:00-12:00

【 講師 】関本 昌平
【 会場 】ピアノハープ社 ピアノギャラリー

内容 ベートーヴェンのピアノ・ソナタ。その魅力を最大限に引き出すためにはどのような アプローチが必要なのでしょうか。今回は関本昌平先生を講師にお招きし、演奏と レクチャーを中心にその深層に迫ります。また、「良い楽器」で演奏するためのピアノ選びについても、弾き比べを交えてたっぷりご紹介。ピアノ構造の特徴から分析した表現方法についてもお話し頂きます。
~ピアノの構造から見た響きの秘密~
鍵盤の奥に隠されている数多くの英知。ピアノ内部の仕組みを理解することで、 タッチが変わり、打弦が変わって美しい響きを生み出します。ピアノハープ社技術者と関本先生で皆様にわかりやすく解説致します。

♪曲目♪
ピアノ・ソナタ 第8番 Op.13「悲愴」
ピアノ・ソナタ 第14番 Op.27-2「月光」
ピアノ・ソナタ 第23番 Op.57「熱情」
受講料 前売券/2,000円
当日券/3,000円
主催 ピアノハープ社
問合せ先 ピアノハープ社
096-386-8248 (担当:石飛)
併設駐車場は15台までです。その他は、RKKカルチャーセンターをご利用ください。近隣のご迷惑もございますので併設駐車場をご利用の方は9:50までにお願い致します。

参加者レビュー・開催レポート

ベートーヴェンの3大ソナタは、知っていても、それぞれの曲を演奏する時の表現は無いまま自分が弾いていたことに気付かされました。魅力的に演奏するには、まずベートーヴェンがどういう生き方をしたか?楽譜に記してある強弱記号、ベートーヴェンはこだわって書いているということ。音が上行していてもクレッシェンドが書いていなければしてはいけない。なんといっても関本先生の演奏、素敵な音色にうっとりでした。
素晴らしい演奏を有難うございました。ペダルの使い方、ベースの音とメロディーのバランスと取り方、レガートの美しさなど、とても素晴らしかったです。ベートーヴェンの魅力を改めて感じることが出来ました。
3大ソナタを演奏を交えて、とても丁寧に解決して頂き勉強になりました。音の作り方、表現の仕方も同じ時代のモーツァルトやハイドンと全く違う、分かっていても実際説明を聞きながら演奏を聴くと、とても分かりやすかったです。ダイナミックな中、とても繊細な響きがあり、素敵でした。