※開催は終了しています
テクニック
ピアノが鳴るための「身体の動き」とは? -上半身・手首・指の動きを学ぼう-

2016/10/6(木)10:15-12:15

【 講師 】イザベル カンピオン
【 会場 】東音ホール

内容 生徒へピアノの指導をするとき、「身体の動き」を意識していますか?

例えば、〈上半身〉が安定する位置、〈手首〉の理想的なポジション、〈手指〉は先端ではなく付け根から動かす…など、質の良い演奏をするためには「動き」を知ることが必要不可欠です。しかし、この分野はまだほとんど知られていないのが実情です。
ピアノをトラブルなく弾いてほしい、より良い演奏を習得してほしいという願いとともにピアノ指導者へ伝えるべき責任を強く感じています。
“音楽家のための運動療法士”という立場から合理的な方法をアドバイスします。
ぜひこの機会に、「身体の動き」という観点から指導を考えてみませんか。
―運動療法士 カンピオン/多くの演奏家の演奏機能回復に寄与―
受講料 会員 3,000円/一般 4,000円(各税込)
主催 山手支部(株式会社東音企画内)
問合せ先 ㈱東音企画
TEL 03-3944-1581/E-mail:bastien@to-on.com
FAX 03-3946-4457/http://www.to-on.com/bastien/

参加者レビュー・開催レポート

色々な生徒さんたちの指導をしていると、なぜこの子の音は響きにくいのか?また長時間練習していると身体が痛くなるという子供たちへの声掛けやどのようにアプローチしていったらよいのかという疑問が解決しました。筋肉や骨格の仕組みを知ることはとても大切なことですね。
指やうで、身体の構造をくわしく教えてくださり分かりやすかったです。自分が勉強してきた事が正反対だったこと、すこしばかりショックでした笑 が、今日ここで考えを改めることが出来、良い機会だったと思います。子供たちもとても大変そうに弾いている子が多く、なんとかしてあげたいと感じています。今日の内容をうまく伝えてあげられたらと思います。