※開催は終了しています
指 導 教 材
21世紀へのチェルニー 第3回 チェルニーで身につくテクニックとは?    

2016/9/16(金)9:45-11:45

【 講師 】山本 美芽
【 会場 】スタジオ フィオリーレ

内容 チェルニーを全曲弾くのが当たり前だった昭和のピアノ教育。
しかし今どきの生徒にその方法では、なかなか通用しません。
チェルニーはなぜ必要なのか、どこがどう大事なのか、やらなかった場合はどうなるのか。
第3回は、「チェルニーで身につくテクニックとは?」
どの本を使い、どんなときにどの曲を選んで弾かせるべきか。膨大な取材と調査をもとに、目指す方向と具体的方法をお話しします。
そして課題となるチェルニーの曲を受講者で弾きあいしながら具体的に使えそうな場面を考え、鍵盤ハーモニカでアンサンブルを行います。






使用教材 【使用テキスト・楽譜・持ち物】
1.「21世紀へのチェルニー」(ハンナ) 山本美芽 著
2.楽譜「チェルニー初歩者のレクリエーション」
※好きなものを選んで練習してきてください。通せなければ半分でもOK。間違えてもいいから、音楽的に弾いてみてください。
※当日、弾きあいをしますが、初参加の方、手に故障があるなど事情のある方は、弾かなくても大丈夫です。
3.鍵盤ハーモニカ
※アンサンブルしてみましょう。
受講料 【定員】25名
事前振込み 5,000円
当日支払い 6,000円
※自由参加ランチ懇親会1時半まで。(費用各自負担1,500円前後)
主催 山本 美芽
問合せ先 中塚三貴子 (なかつか・さきこ)
musica@pianoschool-sans.com

参加者レビュー・開催レポート

どうしたら生徒さんのモチベーションを下げずに長く続けてもらえるか、日々悩むのですが、楽しいと思える事が大事ということの再々認識になりました。チェルニーと直接関係のないところでも、考えさせられる今回のセミナーでした。
印象に残った言葉です。自分がどうなりたいか。今、自分ができていること、できてないこと(耳がよいとわかること)、それがわかればやるべきことが見えてくる。耳を育てることが一番!
チェルニーのテキストでもとても素敵な曲が沢山あり、子どもたちに弾かせてあげたいなと思うものも沢山ありました。新しい教本が沢山出てきていますが、子供たちの先のことも考え、不足している内容をチェルニーできちんと補充していかなくてはいけないな、と思うので指導内容を整理していきたいと思います。
開催記録はこちらから