※開催は終了しています
指 導 教 材
演奏家が伝える「四期の名曲」を弾くために-第1回

9/9(金)10:15-12:15

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】香川県県民ホール レクザムホール 第1リハーサル室

内容 初級から中上級へのステップをスムーズにつなげるためには?
「憧れの名曲」が素敵に弾ける、そんな生徒を育てたい!と思っている指導者必聴の講座です。演奏家が伝えたい「四期の名曲」を弾くために知っておくべき練習法・音楽理論。大人気の赤松先生の実演を織り込みながら、充実の2回シリーズでお届けします。
使用教材 バスティン・ピアノ名曲集 第3巻~第5巻
受講料 《1講座》 会員 3,000円/一般 3,500円(各税込)※当日は各500円増し
《全講座》会員 11,000円/一般 13,000円(各税込)※当日は各2,000円増し
主催 高松バスティン研究会
問合せ先 高松バスティン研究会

参加者レビュー・開催レポート

音楽の生まれていく様子、新しいものが発生した時の様子などをいきいきとお話していただき、本当に感動でした。私は大学で何を勉強してたんだろう、と自分の無知さにびっくりしながら、身体が音楽で潤っていくような目が覚めるようなセミナーでした。
筋道が整理されたお話に、ひとときも気を抜くことなく、興味を持ち聴講させて頂きました。先生の音楽に対する情熱、研究熱心さに感動しました。バッハ、苦手でしたが、前向きに勉強してみたいと思ってきました。
本等で読んだ説明などでは、なかなか理解しにくかった事柄を身近な教材を使い、わかりやすく系統づけて説明して下さり、本当にためになりました。子供たちは苦手とするインベンションも1つずつフランス式かイギリス式か、拍のこと、声部のカラーの事、をイメージさせながらレッスンを進められれば少しは楽しく学べさせられるような気がしました。