※開催は終了しています
指 導
-音楽を感じる心を育てる- 幼児期の能力開発・正しいピアノの早期教育

2016/10/24(月)10:30-12:30

【 講師 】石黒 加須美
【 会場 】ハーモニーホールふくい 練習室3

内容 ★導入期の指導で私が行ってきた「能力開発」

幼児期こそ、音楽学習の臨界期です。感受力(耳)、表現力(歌・体)、読譜力(頭)をどう育み、
眠っている才能をどう呼び起こすか。レッスンや家庭で実践してきた、能力開発のノウハウを公開!



★導入期の指導は、全過程のレッスンの原点に

導入期の指導は、幼児期だけのものではありません。レベルアップしていく先々で、あらゆる「つまずき」を修正するカギに。
(1)すべての責任は指導者がもつ

(2)子どもの成長を理解した上での適期教育

(3)何歳までに何をしていたいのか?

  何をしなくてはいけないのか?

  何をしてはいけないのか?

(4)すべてに指導する順番がある

  音感・リズム感・読譜…etc.
使用教材 ♪参考テキスト♪

●「ピアノの先生に知ってほしい 乳幼児の発達とレッスン」

 (1歳・2歳の指導法)、(3歳・4歳の指導法)

 (石黒加須美著・ヤマハミュージックメディア刊)
受講料 ピティナ会員 2,500円/一般 3,000円
主催 ピティナ鯖江ステーション
問合せ先 鯖江ステーション(代表:徳永)

TEL:0778-52-7616/090-4324-8832

FAX:0778-52-7616

参加者レビュー・開催レポート

何から何まで「なるほどなるほど」「あ、間違って教えていた」の連続でした。もっともっと先生のお話しを聞いていたかったです。最後の「見えない力」我が息子につけるべきだったと、大きく後悔しました。生徒さんにそのエネルギーを注ぎます。
ミドルCから広がる教材NGの話しは、衝撃的でした。実はミドルCから広がる教材を愛用しているのですが、譜読みの工夫を色々やっている割に、加線が読めない生徒が多く困っていました。「数えない」読譜。導入の教材から見直していこうと思います。
子供も持つ能力を、最大に引き出せる指導が出来たら、と常々思っておりましたが、先生のお話を伺って、目からうろこ、の内容ばかりで大変ためになりました。
小さいうちから、色々な体験をさせる、良い耳をつくる。また、リトミックでビート感、即時反応など身につけることで、その後のピアノ・レッスンがスムーズに行くと感じました。3の指から手のフォームを作ってみようと思います。大変勉強になりました。