※開催は終了しています
指 導 理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ  バロック・インヴェンション編 〜導入から誤らないための対位法指導〜

2016/5/13(金)10:00-12:00

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】西谷ビル

内容 共通の話題について話しているけれど、話す人に よって声が違うのだと、バッハは息子たちに、 対位法について説明したそうです。 対位法は、2声のインヴェンションも含めて、 伝統的に4声で構成されています。 インヴェンションを美しく、音楽的に仕上げる ための知識と演奏指導法、また、シンフォニアにどうつなげていくかについて、お話しします。
受講料 弘前支部会員:3,000円 ピティナ会員:3,500円 一般:4,000円
主催 ピティナ弘前支部
問合せ先 弘前支部TEL: 0172-87-6088

参加者レビュー・開催レポート

声部の弾き分けの特徴、フランス風とイタリア風での弾き分け-特にテンポやトリル、音色の弾き分け方を学びました。知らないことが沢山あったのですが、わかりやすく、勉強になりました。テーマのモチーフばかりにとらわれることなく、フランス風やイタリア風の特徴をもっとはっきり活かして演奏するように心掛けたいです。
学生時代、インベンションはアナリーゼを一生懸命にやってきましたが、今回のセミナーでバッハの奥深さと魅力をさらに感じました。二声の質感、歴史的背景などが特に勉強になりました。さっそくインベンションをもう一度ゆっくり弾き直してみたいです。