※開催は終了しています
指 導 テクニック
2016年横浜バスティン研究会 シリーズ講座 第2回 テクニックはマジック-Mozart・Chopinを題材に-

2016/5/19(木)9:45-11:45

【 講師 】中川 京子
【 会場 】横浜市鶴見区民文化センター 3F サルビア音楽ホール

内容 ◆第1回
2016年4月21日(木) 講師:西尾 洋先生
『楽譜の向こう側~楽譜を読むために必要な和声の知識~1』

◆第2回
2016年5月19日(木) 講師:中川 京子先生
『テクニックはマジック-Mozart・Chopinを題材に-』

◆第3回
2016年6月16日(木) 講師:西尾 洋先生
『楽譜の向こう側~楽譜を読むために必要な和声の知識~2』

◆第4回
2016年7月21日(木) 講師:小倉 郁子先生
『子育ての中に音楽を!!ピアノ教育は人を育てますその指導法とは…』
受講料 【1回券】
PTNA会員 3,000円/一般 3,500円
【4回通し券】
PTNA会員 10,000円/一般  12,000円
主催 横浜バスティン研究会
問合せ先 横浜バスティン研究会 高嶋麻企 TEL&FAX:045-401-3666

参加者レビュー・開催レポート

美しい響きに包まれ、至福の音を聴かせて頂き、時空を越えた世界があ広がりました。
モーツァルトの2楽章、この上なく美しく響きを良く聴いて弾くことの大切さを感じました。「おとして、ぬく」のテクニックが様々な曲の色々なテクニックで応用できるのだと思いました。
ベタッとと弾きそうなハノンについて名曲に繋がる練習方法を教わったことが良かったです。重みを入れる、抜く、その中に音を入れる(円の中に入れる)どの音が一番大切か、柱の重みをのせる音を決めて、後は抜く、理にかなって音楽的だと思いました。
1の指が凹む生徒が多いので困っています。指メガネのお話は大変参考になりました。
先生の弾かれる音の響き豊かさと深さに感動しました。そういう音を出すには、裏に合理的なテクニックと身体の使い方があった。
開催記録はこちらから