※開催は終了しています
脱力奏法を身につけるために!実践編
ー「脱力奏法ガイドブックVol.3(上巻、下巻)/ブルグミュラー・25の練習曲」を使用してー 第3回

2016/7/19(火)10:30-12:30
(受付は10:00)

【 講師 】岳本 恭治
【 会場 】ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン

内容 ご好評につき第3弾!前回の内容を復習し、さらに脱力が実感できる講座です!今回初めての方でもご理解頂ける内容です。
日頃ピアノの練習を長時間行っても思うように上達しない人や、腕や手に痛みを感じる人が少なくありません。ピアノを演奏する際、楽に速く指
を動かすためには腕や手、さらに指の能力を高めなければなりません。腕や手、指の運動の困難さを克服し、理想的なピアノ演奏をすることを望ん
でおられる皆さんに脱力奏法=合理的奏法をご紹介いたします。


■なぜ、「ブルグミュラー・25 の練習曲」を使うのでしょうか?■
①ピアノの導入教材がそれぞれ異なっていても、初級に達する頃に「ブルグミュラー・25 の練習曲」につなげて目指す人が多く、馴染みのある教材であること。
②練習曲でありながら、練習曲らしくない想像力を掻き立てるタイトルにより、指のトレーニングを楽しく実習することができます。
③曲の途中で極端なテンポの変化がないので、脱力奏法の要となる「拍子感」をしっかりと感じることができます。複雑な拍子がないこともトレーニングに適しています。
③同時に弾くオクターブが登場しないので、手の小さい人が無理に手を開いて打鍵すことがありません。脱力奏法の初歩の段階では手を大きく開いたままにするのは禁物です。
⑤「チェルニー30 番」、「ソナチネ・アルバム」「バッハ・インヴェンションとシンフォニア」同様、広く親しまれ、多くの人が練習する教材です。指導者の立場からもしっかりと脱力奏法の指導法を身につけることが出来ます。
■第23 番:「再 会」 第25 番:「乗 馬」 を中心に

●「脱力奏法を身につけるために・基礎編」の続編になります。
基礎編での脱力奏法に必要なピアノの構造や手の構造、体のフォーム、手のフォーム、指のトレーニング等を復習した上で、「ブルグミュラー・25 の練習曲による脱力奏法」を解説します。
●5指・ドミソ型・跳躍・音階・分散和音・符点・同音連打・装飾音・トリル・和音練習を適宜取り上げます。
使用教材 【使用教材】
「ピアノ・脱力奏法ガイドブック③ 上巻≪実践編/「ブルグミュラー・25 の練習曲」を使って≫」
「ピアノ・脱力奏法ガイドブック③ 下巻≪実践編/「ブルグミュラー・25 の練習曲」を使って≫」

【参考教材】
「ピアノ・脱力奏法ガイドブック① ≪理論と練習方法≫」
「ピアノ・脱力奏法ガイドブック②≪実践編/「チェルニー30番」を使って≫」サーベル社刊
各定価[本体1600円+税]
受講料 【3回通し】会員8,000円/一般9,500円
【各回】会員3,000円/一般3,500円
主催 ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 楽譜売場
問合せ先 ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 楽譜売場TEL: 06-6531-8202     FAX:06-6531-8290

参加者レビュー・開催レポート

この3回の講座で詳しく繰り返し教えて頂き、少しずつ脱力のこともわかってきて子供たちにも伝えることができているように感じています。自分自身も児童合唱団の伴奏を少ししているので、奏法が変わってきたようにも感じています。同じような講座でよいので、また企画して頂きたいです。子供と同じで教材に沿って繰り返し教えて頂くことで理解できることも多々有ります(笑)。
今回のシリーズ、初めて受講させて頂きました。とても合理的な奏法だと感じました。今までの弾き方をすぐ変えるのは大変ですが、少しずつ自分の弾き方も変わってきました。脱力奏法で弾くと、響きが豊かになりますね。マスターして行きたいです。続編があれば受講したいです。