※開催は終了しています
演 奏
バロック・シンフォニア(三声)研究 ~インヴェンションの復習から平均律の導入アプローチへ~

2016/3/9(水)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】小川楽器柳川店ホール

内容 今回はバロック講座の第2回目です。
対位法は伝統的に4声で構成されていると先の講座で説明しましたが3声のシンフォニアになりますと、多声的に演奏するための技術と思考が、より複雑になります。
シンフォニアで習得したものは、平均律に直結します。バッハの宇宙がより広大に感じられるようになるための実践セミナーです。
受講料 会員(ピティナ・PTC) 3,000円
一般 3,500円
主催 ピティナ柳川支部 【共催】大牟田楡の木ステーション
問合せ先 柳川支部TEL: 0944-74-0333

参加者レビュー・開催レポート

右手と左手のメロディーという意識、それぞれのメロディーというより和音で喜怒哀楽をつけることで、表現する幅が拡がることに気づきました。もう一度インベンションから自分の演奏を見直して弾いてみようと思いました。