※開催は終了しています
指 導
こどものスケール・アルペジオ -もっと弾きたい!だから育つ指導法-

2016/5/16(月)10:30-12:30

【 講師 】根津 栄子
【 会場 】丹沢楽器 富士店内ホール

所在地:静岡県富士市伝法2028
内容 子どもの柔らかい脳は果てしない吸収力を持っています。
スケールやアルペジオは実は楽しく奥深いものです。
この講座では様々なアプローチがあることをご紹介します。
子どもたちの潜在能力・才能をひき出し、無理なくチェルニー30番に繋いであげましょう。
スケールやアルペジオを子どもに教える時、過去の固定観念に捕らわれていませんか?
【基本的な土壌作り後、大きな花を咲かせましょう】
●5度圏は楽しい観覧車
 (ぐるぐるまわる右回り、左回り、回る向きで調号が変わる)
●基本的な手の形、指の関節作り
●スケール・アルペジオの練習順を指使い別にして、子どもの興味を惹く
【日々の練習を習慣付けましょう】
●調号に強い子、耳の良い子に育てて、長・短音階を楽しくマスター
●宿題は明確に楽しくやる気のでるものを。まずは「リス」と「イチゴ」から
使用教材 「こどものスケール・アルペジオ」(音楽之友社)
受講料 PTNA会員・丹沢講師 3,000円
一般 3,500円
主催 ピティナ長泉クレマチスステーション
問合せ先 長泉クレマチスステーションTEL: 055-962-1111

参加者レビュー・開催レポート

導入期にこれだけの事を指導され、子供たちが、皆楽しそうに弾いている事に驚かされました。また、これからレッスンで、どのように取り入れていこうか考え、積極的に使っていこうと思います。
調号の意味もわからない段階から絵をみるようにカードで覚えるのがとても良いと思いました。子供はとにかく弾く方が好きなので、興味ある時に沢山弾かせるのはすごく効果があると思います。
開催記録はこちらから