※開催は終了しています
コンクール
パーフェクトセミナープラス2016 第3回 生徒に伝わる教え方:ソルフェージュレッスンとは【講座3654】

2016/5/27(金)10:15-12:15

【 講師 】西尾 洋
【 会場 】<東音>ホール

内容 バスティンメソードは演奏と理論を無理なく統合して教える教科書です。今回の講座では、ベーシックス『ピアノのおけいこ』1 ~ 4 を題材に、1 つ1 つの作品を理論的なアプローチで指導するにはどうしたらよいかを考えていきます。子供も大人も簡単に理解できる、直感的な理論講座です。また、ピアノ指導者に期待したい指導内容には一見の価値があります。
ピアノベーシックス「ピアノのおけいこ」1 ~ 4、
楽譜の向こう側(音友)
受講料 前売り
8 講座 PTNA会員 19,000円 / 一般 22,000円(2/26 までにご入金の場合)
8 講座 PTNA会員 21,000円 / 一般 24,500円
1 講座 PTNA会員 3,000 円 / 一般 3,500 円
主催 東音企画
問合せ先 東音企画 03-3944-1581/FAX: 03-3946-4457

参加者レビュー・開催レポート

予備練習を簡単に音が弾けたら次の曲の方へ進んでいましたが、和音を響きを味わって弾いて聞くところから、又始めたいとおもいました。 ”ひびきをひびきとして味わう!”ですね。
音楽はどこにあるのか。弾き手が感じて(感動して)弾けば、相手に伝わる。その為の助けとして、楽譜に何が書かれているか、何を見ればいいか、子供達に伝えるために、自分が感動しながら勉強しなければと思いました。
バスティンの曲が、とらえ方によってこんなに味わい深いものになり感動しました。子供達に音楽の感動を伝える事の大切さを教えて頂いてありがとうございました。
バスティンベーシックシリーズをレッスンで使っていますが、新しい発見をさせて頂きました。なにげなく通りすぎていたことも、和音の変化、音色、雰囲気をもっと意識して伝えていけるレッスンをしたいと思います。響きを味わうテキストとして大切に使っていけるようにしたいです。
和声がわかるとピアノの響きがとても美しいのですね。