※開催は終了しています
指 導 理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック・シンフォニア編 Vol.2 ~インヴェンションの復習そして平均律への導入として~

2016/2/15(月)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】ヤマハ広島センター7階スタジオ

内容 ご好評につき、赤松林太郎先生のバロック・シンフォニア講座の続編を開催いたします!  対位法は伝統的に4声で構成されていると先の講座で説明しましたが、3声のシンフォニアになりますと、多声的に演奏するための技術と思考が、より複雑になります。シンフォニアで習得したものは、平均律に直結します。バッハの宇宙がより広大に感じられるようになるための実践セミナーです。
受講料 ピティナ広島中央支部所属会員 2,500円 ピティナ他支部所属会員 3,500円 一般 4,500円 ※当日は500円増し ※定員80名
主催 ピティナ広島中央支部
問合せ先 広島中央支部TEL: 050-5893-8009

参加者レビュー・開催レポート

ただ主題はどこか、とかどこまでつないでどの音を切るのかという平たい考え方ではなく、シンコペーション、タイ、オルゲルプンクトにより作り出されるハーモニーにより表れる感情についてのお話はとても新鮮でした。
前回にひき続き大変勉強になりました。バスの弾き方はその曲の曲想によって決まってくるので、テヌートでも、スタッカートでも曲想に合った弾き方をすると、その上にあるテーマが生きてくるなと思いました。のびる音を大事にし、休符に音楽を感じると、その曲全体がとても音楽的になり、すばらしいと思いました。
開催記録はこちらから