※開催は終了しています
コンクール
多彩な音色作りへのアプローチ ~スケール・アルペジオの基礎・応用~

2016/4/10(日)10:00-12:00

【 講師 】奈良井 巳城
【 会場 】カワイ横浜

内容 初期から様々な音色を身につけるためには…? モスクワ音楽院に学んだ奈良井先生が、 導入・初期から先々までつながる打鍵法の ポイントをお話しします。

※会場内での撮影・録音は禁止させていただきます。
※講座終了時間は若干前後する場合がございますので、 1時間程度の余裕をもってお越しください。
◆多彩な音色を可能にする打鍵法
  打鍵による音色の変化とは/“シャンク棒”の秘密/タッチノイズの隠し味
◆全ての基礎たるスケール演奏の極意
  奈良井先生考案のスケール上達アイテムもご紹介
※2016年度ピティナ・ピアノコンペティションのA1-C級課題曲の解説もございます。
受講料 会員 3,000円/ 一般 3,500円
主催 ピティナ横浜つづきステーション TEL&FAX: 045-593-2026
問合せ先 ピティナ横浜つづきステーション TEL&FAX: 045-593-2026

参加者レビュー・開催レポート

ロシアの奏法についてはピアニストの公開講座やレッスンにも行ったのですが、よくわかりませんでした。奈良井先生のお話しで身体の使い方やタッチなど具体的にわかりました!音の向きや運指、ペダリング、耳で聴いて音楽を作るなど演奏を交えてお話頂きわかりやすかったです。
指導のためにグッズの開発や低反発の教具などを使っていらっしゃることに共感しました。ピアノの構造に基づくタッチや関節の使い方、指や上半身のバネについてもまだまだお話を伺いたいです。是非続編を。
スケール奏法(手首が下がらないための特別は方法)、スケール上達アイテム、感動しました。アイデアが凄いです!明日からのレッスンに役立つ内容がいっぱいでした。
開催記録はこちらから