※開催は終了しています
指 導
赤松林太郎徹底講座シリーズ 演奏家によるペダル講座~ペダルは魔法の装置~

2016/2/8(月)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】サンホール(旭堂楽器店内)

内容 ペダルは近代ピアノが得た魔法の装置です。 曲想はペダリングによって決定・獲得できるといっても過言ではありません。 ペダルをON/OFFのスイッチのように扱うのは、 音楽を「ダメ」にする一番の原因です。 ペダル導入の初期から多彩なペダリングを 教える必要があります。 「見える成果」を短時間で引き出すための ペダリングをお伝えします。
ペダルは近代ピアノが得た魔法の装置です。 曲想はペダリングによって決定・獲得できるといって も過言ではありません。ペダルをON/OFFのスイッチの ように扱うのは、音楽を「ダメ」にする一番の原因で す。ペダル導入の初期から多彩なペダリングを教える 必要があります。 「見える成果」を短時間で引き出すためのペダリング をお伝えします。 ♪講座内容:バルトーク、シューベルト、メンデルスゾーンの 奏法などを中心に、ペダリングについて網羅的にお話しします。
受講料 会員 3,000円(ピティナ・カワイ音研会・FC会員) 一般 3,500円
主催 ピティナ醍醐サウンドワークステーション 【共催】御所南ステーション
問合せ先 醍醐サウンドワークステーションTEL: 075-571-6964

参加者レビュー・開催レポート

今までのただオンオフという単純なペダルからは考えられない細やかなペダルをここまで教えて頂いていいのかしら、と思うほど説明して頂きました。手ばかりに意識がいき、足にほとんど意識がなかったことがよくわかりました。ペダルによってここまで演奏が変わるということを実際に弾いて下さり実感しました。
ピアノ教育が日本で始まって何十年も経ち、留学される先生も数多くいらっしゃる中、なかなか本場の教育や奏法は意外にも伝わってこないものだと思います。知る機会があるなしで随分その後が変わってくると思います。貴重なお話をありがとうございました。
前回の講座の前に先生のモーツァルトを聴いた時、不思議なフレージングで素晴らしいなと感激したのですが、今回それがペダルを複雑に巧みに踏まれていることも要因だったんだ、と気付きました。これまで単純な踏み方で弾いてきた私にとって今日教えて頂いたペダルの使い方をこなすのは上下の身体がバラバラになるのでは?と恐ろしいですが、生徒たちと共に研究してバリエーションを増やしていこうと思います。先日の子どもたちが受けたコンクールでは、教えて頂いた演奏を素敵に聴かせる即効性を活かせることが少しできたように思います。沢山の子が賞を頂戴することができました。嬉しいです。ありがとうございました。
開催記録はこちらから