※開催は終了しています
演 奏 指 導
赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック・インヴェンション編 ―導入から誤らないための対位法指導―

12/11(金)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】千里ヤマハホール

内容  共通の話題について話しているけれど、 話す人によって声が違うのだと、バッハは息子 たちに、対位法について説明したそうです。  対位法は、2声のインヴェンションも含めて、 伝統的に4声で構成されています。  インヴェンションを美しく、音楽的に仕上げる ための知識と演奏指導法をお伝えします。
受講料 会員(ピティナ・PTC) 3,000円 一般 3,500円
主催 ピティナ北大阪ステーション
問合せ先 北大阪ステーションTEL: 06-6852-5977

参加者レビュー・開催レポート

今までのインヴェンションのセミナーとは異なり歴史的背景や、当時の流行や形式からアプローチしていき、とてもよく理解できました。又、すぐにレッスンで使えそうな内容ばかりであっと言う間のセミナーでした。
先生の講座はいつも演奏に即役立つ内容で、素晴らしく感じています。分析をどのように演奏に活かせばよいかは他の先生の講座ではよくわからないのですが、そのような内容に特化して頂いているのが本当に素晴らしいと思います。
バッハの講座はテーマ、モチーフがどう扱われているか、どういうことにスポットを当てたものかということがほとんどでしたが、新鮮な切り口、「和音」で考えることが出来、大変有意義でした。モチーフ的なことを理解している生徒にあと何が足りないのかを伝える明確なヒントを得ました。
半音階にキリストの受難を感じる、トリルをひとつずつ考える、アナリーゼからではなく、どんな曲か見ぬいて弾き方を考える等、今までのバッハの講座の中で赤松先生の説明が一番わかりやすく弾く側からの考え方がとても良かったです。