※開催は終了しています
演 奏 理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ 「四期」の知っておくべきこと〜作曲家とその時代の音楽的語法〜 第2回 古典

11/20(金)10:00-12:00

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】ヤマハミュージックリテイリング横浜店B1F Music HARBOR

内容 「四期」と一言でいっても、大きな時代区分の中では、背景となる地域や年代が異なれば、作曲家の精神風土もそれぞれです。例えばバッハでもベートーヴェンでもショパンでもドビュッシーでも、楽譜で示される記号自体は同じものですが、その表現(解釈)の仕方はまるで異なります。ですから、<知っておくべきこと>が楽譜の外側にたくさんあるのです。各地でのセミナーが大好評を博している赤松先生をお迎えし、バロックから近現代に至る名曲を通して、その時代・その作曲家にあったアプローチを紹介していきます。
【バロック】 様式について~スカルラッティ・J.S.バッハなど
【古典】ソナタ形式と各作曲家~ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンのピアノソナタなど
【ロマン】歌うということ~シューベルトとシューマン、ショパン、リストなど
【近現代】ポスト・ワーグナーとしての響きの世紀
受講料 一般 3,500円(税込)
会員 3,000円(税込)
※会員...ピティナ、ピアノ指導者の会、FC、PEN、jet、PSTA
主催 ピティナ横浜中央支部
問合せ先 横浜中央支部TEL: 045-311-1202

参加者レビュー・開催レポート

演奏を混じえての赤松先生のセミナーは毎回とても楽しみで多くの事を学び、大変勉強になります。次回のロマン派時代も演奏も聞きたいです。
情報量満載のすごいセミナーでした!生徒にわかりやすく説明する方法が自分の中で整理できていなかったことがわかりました。教えて頂いたわかりやすい説明を生徒に還元していきたいと思います。
今回も圧倒的な知識量に大変驚かされました。モーツァルトとハイドンの音楽についてお話を聞きながら古典期の時代背景を深く理解することができました。実演をまじえての説得力がすばらしかったです。
パールトーン、ハイドン、モーツァルトのallegroの違いなど、本当に沢山の今まで知らなかったことを学ばせて頂きました。自分の演奏には勿論生徒にも学んだことをきちんと伝えていけるようにしたいです。