※開催は終了しています
指 導 教 材
~響きにこだわるピアノレッスン~バスティン・ピアノパーティー指導法 第4回 【パーティB】

2015/10/27(火)10:15-12:15

【 講師 】二本柳 奈津子
【 会場 】アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)第2リハーサル室(北館地下1階)

内容 「美しいタッチ」と「響き」にこだわる生徒を育てるにはどうすれば良いのでしょうか。それは初めてピアノを習うときの言葉かけからはじまります。この講座では、パーティーシリーズを1ページずつめくりながら、効果的な指導のポイントをお話しいただきます。【ピティナ・セミナーレポート実施講座】
♪ 全6講座を受講された方には修了証書を発行致します
第4回:【パーティB】読譜への下準備として必要なポイントとチェック事項
第5回(12/4):【パーティC】五線譜へ誘導するためのチェックポイント/フレーズを感じて表現するには
第6回(2016/2/18):【パーティD・まとめ】正しいテクニックを身に付けて表情豊かに演奏するために

使用教材 パーティーBの3冊、ラインとハンドサイン、名曲パーティほか
受講料 【1講座】高松バスティン研究会会員:4,000円 /
一 般:4,500円
※当日は各500円増し
主催 高松バスティン研究会
問合せ先 高松バスティン研究会:(佐々木)TEL: 090
-2786-5126 / E-mail: takamatsubasuken@yahoo.co.jp

参加者レビュー・開催レポート

奏法だけに限らず、生徒、保護者に対しての対応など、幅広い先生の経験談もたくさんお聞きできて心が楽になりました。細かいテクニックなども言葉かけ一つで音が変わる、生徒の将来が大きく変わるんだなあと痛感しました。
逆算の大切さがよく理解できた。毎回余すことなく丁寧に教えて頂いて嬉しい。即使える内容で、ありがたい。今までバスティンをいろんな先生に教わったが、今一つ理解し辛いところが多くあったが、とても良くわかり、自信を持って指導できそうだ。
単に同じように「にのはち」と言うだけでなく、はち、を軽く言うことなど、カウントを工夫することにとても共感しました。私自身ピアノを弾くときに、できていないことがわかっていない状態と、できていないことがわかっている状態、は違うと思いました。できていないことに生徒が気づいているとよく気づいたね!とほめています。たくさん共感できました。