※開催は終了しています
理 論 教 材
赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック・インヴェンション編 〜導入から誤らないための対位法指導〜

2015/9/15(火)10:00-12:00

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】ピアノハープ社 ピアノギャラリー

内容  共通の話題について話しているけれど、話す人によって声が違うのだと、バッハは息子たちに、対位法について説明したそうです。  対位法は、2声のインヴェンションも含めて、伝統的に4声で構成されています。  インヴェンションを美しく、音楽的に仕上げるための知識と演奏指導法をお伝えします。
使用教材 バッハインヴェンション(各社版)
受講料 ピティナ会員 2,500円 一般      3,000円
主催 ピティナ熊本よか音ステーション
問合せ先 熊本よか音ステーションTEL: 096-386-8248

参加者レビュー・開催レポート

苦手意識があるバッハですが、自分が出来ること出来ないことを別にしてとてもおもしろかったです。1曲ごとにもっとバッハの意図を読み解くには、いくら勉強しても足りないなと改めて感じました。
生徒にインヴェンションをどのように伝えるかポイントをおさえた的確なアドバイス、指導法が大変勉強になりました。2声はテーマか対戦率かのみで考えていたところだったので、4声の音が見事な立体的な音になるのを聴いて納得。理由がわかって、その表現になることがわかりました。
バッハの職業や、宗教など背景から裏付けされた演奏の解説がとてもわかりやすかったです。終止形やイタリアとフランスの弾き方の違い、ヘミオラや和音をいつも考えることなど、演奏を際立たせるためのポイントが聞けてためになりました。