※開催は終了しています
指 導 アンサンブル
~ピアノ&エレクトーンクラシックアンサンブル~コンチェルト講座ご案内 第1回「はじめての発表会とコンチェルト~エレクトーン活用導入初級」

5/29(金)10:30-12:30

【 講師 】松丸 弘子
【 会場 】東京芸術センター ピアノラウンジ「LISZT」

内容 松丸弘子編曲「初めて出会うコンチェルト」 コンチェルト」 クラシックアンサンブル講座I【導入初級編】

ピアノと同じ鍵盤楽器でありつつも電子楽器エレクトーンは、多彩な音色と 3 段鍵盤を使ってリアルタイムに立体的なサウンドを創出することができる時代を反映した万能の伴奏楽器ではないでしょうか。
それを効果的に音楽指導に生かした編曲「初めて出会うコンチェルト」や習い始めの時期に覚えたてのことをステージへと繋ぐ「はじめてのレパートリー(リトルエレクトーンプレイヤーズ)」を使って著作者の松丸弘子が編曲と指導について演奏と解説を行います。
独奏として楽しんだピアノがさらに輝き色彩あふれるエレクトーンがより頼もしくそれぞれが奏でる音楽に翼を与えて、共に共演する「アンサンブル」の喜びをレッスン室から分かち合うことができたら! アンサンブルが大好きな子供たちのために、ぜひ皆様のご参加お待ちしております!

♪♪演奏紹介予定曲♪ ♪(順不同)
今回はバスティン曲アレンジを中心に紹介(当日変更の場合あり)

バスティン/ 学校へ行こう(11)、喜びの歌(14)、聖者が街にやってくる(19)、勝利のマーチ(7)、スペインのダンサー(10)、剣士の入場(18)、宇宙旅行(12)、三つ子のマーチ(19)、ラルゴ(18)、ブギタイム(13)、Jazzy Fingers(16)、闘牛士(19)

ハイドン/アンダンテ(20)
メトードローズ/ああかわいい(6)
ビーデルマン/大好きなワルツ(8)
バイエル 9番(10)
ツェルニ—/小さなピアニスト(14)

 (※数字は該当曲挿入「初めて出会うコンチェルト」Vol)

松丸弘子/「はじめてのレパートリー」より ごきげんマーチ、きらきらファンタジー、はなびらのシルエット他

♪当日は講座で紹介するためのテキスト販売を行いますが、上記該当曲のテキスト「初めて出会うコンチェルト」シリーズ、はじめてのレパートリー(メロディー編、ピアノ伴奏編、電子オルガン伴奏編いずれでも可)をお持ちの方はご持参下さい。
使用教材 「初めて出会うコンチェルト」(ミュッセ)
 多くの人に身近に親しまれているやさしいピアノのための作品を華やかなオーケストラをバックにした「コンチェルト」風にアレンジした「初めて出会うコンチェルト」シリーズ。これまでの全作品数はおよそ100作品にものぼります。
 ご注文は、ピティナHPミュッセページよりお願い致します。(テキストなし、講座の受講のみも可)
受講料 3,000円(税込)

♪会場にてテキスト販売、音源データ、CD等の販売あり。音源データを希望の方はUSBをお持ちください。
主催 松丸 弘子(研究会員)
問合せ先 松丸 弘子(研究会員) メール:mla54152@nifty.com/TEL:080-3517-2770

参加者レビュー・開催レポート

エレクトーンを使ったアンサンブル指導はとかく弾かせることや楽譜を正しく読むことに終始してしまいがちなレッスンを、楽しく活気あるものに変える力を持っています。ピアノパートは、生徒が弾くことが中心と考え、ほとんど手を加えないまま弾かせる、エレクトーンのオーケストレーションがオブリガード、リズムを歌い刻む、相手の音をよく聴き自分とのバランスを考える、呼吸を、目を合わせる……といった体験を通して、生徒はより広い視野をもって音楽を奏でることができる。本当に自ら弾きたいと思うような素敵な曲が満載の講座でした。
エレクトーン(電子オルガン)のカラフルな音色、リズムを使ってさまざまな音楽体験が入会したときからできるなんて、子供たちは幸せと思います。耳が新鮮な時にスッと入っていって、音楽をまるごと楽しめることでしょう。また、ピアノの生徒さんにとっては、そのままの楽譜で合わせられるのもまた大きな魅力だと思いました。