※開催は終了しています
演 奏 コンクール
<D~F級 近現代のみ重点レクチャー> 【時間】10:30~12:30 【会場】サフラン(Tea Lounge REFRAIN 2F)     仙台市青葉区中央2-9-7(仙台駅より徒歩約10分) 主催:仙台おりひめステーション/共催:仙台中央支部(♪)

3/9(月)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】サフラン

内容 2012特級グランプリを輩出、全国でトークコンサートや講座が大好評 2歳よりピアノとヴァイオリンを始め、5歳で小曽根実氏と故・芥川也寸志氏の進行でテレビ出演。90年全日本学生音楽コンクール優勝。神戸大学卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。00年クララ・シューマン国際コンクール第3位など、十指に及ぶ国際コンクールで入賞。今日なお10か国以上で公演を持ち、15年春にはドナウ交響楽団との共演予定。全国に300人以上の生徒を抱え、執筆や着物モデルも務める。14年よりハンガリー国立リスト音楽大学のマスタークラス講師。
主にA2級~D級のバロック・古典・ロマン・近現代曲を 中心に取り上げます。※一部抜粋となる場合がございます。 ※D級→C級→B級→A1級→A2級の順で解説いただく予定です。
受講料 一般 3,500円/学生 1,000円 会員 3,000円(ピティナ・バスティン研究会)
主催 ピティナ仙台おりひめステーション 【共催】仙台中央支部
問合せ先 仙台おりひめステーションTEL: 022-234-7196

参加者レビュー・開催レポート

今日のセミナーは大変興味深いお話ばかりで時間が足りないと感じました。作品にはそれぞれの作曲家の生きた時代や、背景、生きていた人々も関わっているので、色々本も読んでみようと思いました。
「ハンガリー音楽はアクセントは常に一番前」などのお言葉が印象に残りました。バルトークの勉強をもっともっとしなければならないと、改めて実感しました。とても勉強になりました。