※開催は終了しています
指 導 コンクール
2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー

2015/4/16(木)10:00-12:30/13:30-15:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】さいたま市文化センター 小ホール(しらさぎホール)

内容 2015年度ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲の指導・演奏ポイントを、経験豊かな講師が演奏付きでアドバイス。
主に■級~■級のバロック・古典・ロマン・近現代曲を 中心に取り上げます。※一部抜粋となる場合がございます。
使用教材 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲(A1級-C級)
 ※課題曲は2015年3月1日発表予定
受講料 【午前のみ】  ピティナ会員3,500円/一般4,000円 【午後のみ】  ピティナ会員3,000円/一般4,500円 【通し券】  ピティナ会員6,000円/一般7,000円
主催
問合せ先 さいたま音の葉ステーション

参加者レビュー・開催レポート

今日はとても楽しみに伺いました。学ぶことが多くとても刺激的な時間でした。さあ、何から実践できるか思い悩む想いです。間違いだらけの自分自身に反省であります。気づきこそ始まりですので、今日から実践したいと思っております。楽譜の読み込み方、クレッシェンドのかけ方、アクセントの意味を表現の中に入れる。以前の講座でお話頂いた「ヘ」の字ではなく「フ」の字の音楽を作ることを再確認したひとときでした。
課題曲だけではなく、音楽(ピアノ)を学ぶ上で大切な、歴史、時代、国、による演奏のポイント、基礎となる演奏法についてお話いただき、勉強になりました。特にバロックの対位法をきちんと理解することで、音楽をいかに立体的に作るか、そして舞曲についてしっかりと自分が学んで、正解のものを生徒に伝えなければと思いました。古典の16分をパールトーンで弾くこと、そして「トリルを趣味良く入れること」は、大切ですが難しいことですね。これからもバロック、古典を特にしっかりと学んでゆきたいと思います。