明けましておめでとうございます

文字サイズ: |

AI時代が到来しようとしている今、世界的にSTEM(科学・技術・工学・数学)教育が注目を浴びており、日本でもプログラミング教育が2020年から必修化されます。

さらに最近は、芸術(Art)を加えたSTEAM教育という言葉も生まれ、創造性や表現力が重視されるようになってきました。

ピアノ教育、特に発表会やコンクールの場では、ステージでの表現に責任を負い、大勢の心に働きかける経験を重ねることで、胆力と表現力が育ちます。この時代の変わり目に、ピアノが芸術教育の一つとして存在感を示せるかは、ピアノ学習者が「どれだけ本番を経験できるかどうか」に掛かっているのではないでしょうか。

ピティナでは、コンペティション、ステップ、提携コンクール等、生徒さんに合わせた多くの本番を用意しています。これらのステージを上手に活用し、生徒さんを育てていただきたいと思います。

今年も皆様と共に希望を持って前進して参ります。どうぞよろしくお願いします。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 明けましておめでとう...