習慣としてのピティナ課題曲説明会参加

文字サイズ: |

「習慣は第二の天性なり」という言葉があります。

習慣とは、努力感なく定期的に実施することです。毎日歯磨きをする習慣があれば虫歯になりにくいでしょうし、メールやLINEにすぐに返信をする人には情報が集まってチャンスが広がるでしょう。

習慣の中には、「毎年ピティナ課題曲説明会に参加する」といったことも含まれます。

ピアノ指導者なら、コンペ課題の4曲を無理なく弾ける生徒さんを育てたいと思うことでしょう。そのようなピアノ指導者が集まる場に身を置き、毎年参加することで顔なじみが増えれば自然と意識が高まります。学び続けることに何の努力感もいらず、興味があるからやっている、という状態になるはずです。

来年も3月1日・2日には、浜離宮朝日ホールで課題曲説明会を実施します。特に1日は指定席ですからお早めにお申し込み下さい。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > 習慣としてのピティナ...