Pre特級で特級へアプローチ

文字サイズ: |

富士登山する時、吉田ルートや御殿場ルートなどいくつかの登り口があるように、ピティナの頂点である「特級」に到達するにも大きく2つのルートがあります。

1つは、子供の頃からA2?F級からG級を経て特級に到達するルートです。2つ目は、大人になってからグランミューズB2・B1・A2→A1カテゴリーからグランミューズG級を経て特級というルートです。

特級参加者が平均2時間10分のレパートリーを準備しているのに対して、G級とグランミューズG級は平均45分。3倍近い開きがあります。

そこでグランミューズG級を「Pre特級」としてアップグレードし、G級ルートとグランミューズルートの両方から、特級へアプローチできるようにしました。

Pre特級の特徴の一つは、ファイナルステージでは5分30秒以内の作品で競演して聴衆賞を募ることです。学んだことを「審査してもらう」ステージから、「音楽を提供する」ステージへの転換期となるのです。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > Pre特級で特級へア...