« 前の記事  | 

Wキャリアから専業のピアノ指導者への道

文字サイズ: |

ピティナ本部事務局には週2から4日働きながらピアノの指導もする「ダブルキャリア」スタッフ が7人います。2年目から徐々に指導の仕事を増やし、3年ほどで専業のピアノ指導者としての軌道に乗せる想定のプログラムです。

パソコンやコミュニケーションといったビジネス系のスキルとピアノ指導力を並行して学べる「ダブルキャリア」は、20代からピアノ指導者として育つにはたいへん良い仕組みだと手ごたえを感じています。

そんななか、いつかは指導者になろうと考えている音大生にビジネススキルを研修して一般企業に派遣する、つまり「ダブルキャリアを目指す学生」を支援する会社が現れました。

音大生向けの半日の説明会は参加無料、3日間の研修会は基本有料ですが、ピティナ・ピアノコンペティションで優秀な成績を修めた方や、音大での成績が優秀な方は参加料を全額免除する制度を作りました。

このプログラムの中から、指導者賞を取れるくらいのピアノ指導者が育って欲しいです。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > Wキャリアから専業の...