« 前の記事  | 

ピティナ特級に参加する覚悟

文字サイズ: |

サントリー大ホールで特級ファイナルが開催される記念の年です。1次予選を通過した特級参加者は顔、名前、プロフィールがウェブサイトで公開されており、10万を超えるアクセスを集めています。

セミファイナルに進出した段階で指導者まで祝福されるのですから、出演者達に掛かるプレッシャーの大きさは想像に難くありません。


グランプリとなれば、すぐに記者会見を受け、ピティナの受賞者代表として文部科学大臣に報告し、雑誌の表紙を飾り、ピティナ関係者の前では常にグランプリとしての演奏が期待されます。

注目されながら途中で落選するのは辛いかもしれませんが、グランプリにふさわしくあり続けることは、もっと大変なことかもしれません。ピティナ特級の参加には覚悟が必要です。

試練をくぐり抜けてたピアニストは一回りも二回りも大きくなります。皆で応援しましょう。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > ピティナ特級に参加す...