ワーナークラシックスとのコラボ企画発進

文字サイズ: |

ピティナ特級は、プロのピアニストへの登竜門という位置づけです。

予選からファイナルに至るまで五段階もの「スクリーニング」を行いますので、グランプリ受賞者の実力は確かなものです。さらには「受賞後の方が大変」と言われるほど研鑽の場が増えますので、ますますピアニストへ近づくことになります。

一方、ファイナリストの中にはグランプリと甲乙つけ難い実力の持ち主もいます。特級に参加歴のないジュニアの瑞々しい演奏が、多くの人を魅了することもあります。

人気の若手ピアニストをデビューさせる力は、レコード会社こそが専門家かもしれません。そこで、大手レーベルのワーナークラシックスに、特級や福田靖子賞選考会の入賞者からデビューさせたい人を選んで頂くプロジェクトが発足しました。

1人目は、2016特級銀賞の太田糸音さん、2人目には2017特級グランプリの片山柊さんを予定しています。スポティファイなどで高音質の音源が聴くことができます。ぜひお試しになってみて下さい。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > ワーナークラシックス...