ピアノ曲の見つけかた

文字サイズ: |

検索エンジンのGoogleは10の100乗を意味する「googol」という言葉が元になっています。膨大な情報から、探したいものを見つけることを目指して名付けられたそうです。

16年目を迎えたピティナ・ピアノ曲事典は、より多くの情報とピアノ曲とを結びつけることを目指して、データベース構造を改訂しました。作曲者や曲名といった基本情報に加え、演奏音源(YouTube動画)、演奏会、コンクール課題曲、さらにはテレビCM、映画、フィギュアスケートといった様々な使用場面と関連させる作業を、日々継続しています。

ピアノを弾かない方々でも「羽生結弦選手」や「太田胃散」の曲と言えば身近に感じるでしょう。そのようなキーワードでも検索が可能です。もちろんピティナ主催事業であるコンペティションやステップの課題曲は一瞬で探せます。

鉄道ファンが時刻表を見て楽しむように、ピアノファンが1日ピアノ曲事典を検索しても楽しめるようなものにしたいと考えています。

執筆:福田成康


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > ピアノ曲の見つけかた