一年の区切り目に

文字サイズ: |

四季がある土地では、人は1年のサイクルを感じます。その区切り目は人それぞれですが、多くの日本人にとって最も大きな区切り目は、正月ではないでしょうか。

区切り目があることで、過去を振り返り、将来を展望できます。今年の自分にとって10大ニュースは何だろう、来年は何をしよう、と考える訳です。

ピティナにとっての大きな区切り目は、ピティナ・ピアノコンペティションの表彰式で、それと対になるのがコンペの開幕式と言える3月1日の課題曲説明会です。

例年、3月1日・2日の課題曲説明会の申込みを12月末からとしているのは、生活における1年とピアノ指導、両方の区切り目で、気持ちを新たにして頂きたいという意図があります。今年も例年どおり、チケットを発売開始します。

1年を振り返りながら、来年の展望を思い描いて頂きたいと思います。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 専務理事コラム > ニュース > > 一年の区切り目に