How Toを超えた学び

文字サイズ: |

指導の「How to」を紹介するセミナーに行けば、その学びは当日のレッスンから活用できます。そのような学びを重ね、多くの生徒さんを教える経験を積めば、ピアノの指導力は高められます。

具体的なHowToの紹介は少なめですが、音楽からより多くの知恵や感動を汲み取りたいと思うなら、音楽総合力UPワークショップへの参加はお勧めです。

ピアノは「一人オーケストラ」のような楽器だと言われます。音楽を映画にたとえるなら、楽器奏者が俳優で指揮者は監督。ピアノでは一人で役割をこなします。参考にできることは多いはずです。調律師の音作りを知れば「もっといい音」を求めたくなるかもしれません。作曲家が取り組む音楽はピアノ音楽ばかりではありませんから、外側から「ピアノ」を眺めることができそうです。

講座はほぼ毎月あります。受講者どうしの交流を通じて情報交換できますから、感想を述べあって、指導への様々な活用方法を見つけて頂きたいと思います。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 今週のコラム > ニュース > > How Toを超えた...