« 前の記事  | 

提携コンクールの活用法

文字サイズ: |

「5W1H」にコンクールを使ったピアノ指導を当てはめてみました。

Who  どの生徒さんを
Which どのコンクールに
What 何の曲を
When どのタイミングに
Where どこまでを目標とするか
How  どのようなレッスンをするか

見極めから生徒さんへ参加の勧め方に至るまで、全て「指導力」に含まれます。

ピティナでは、コンペ→ステップ→提携コンクールと選択の幅がどんどん広がっています。日々の研究が必須ですが、それらを上手に使う指導者は、生徒さん一人ひとりのピアノ学習継続年数が上がっているようです。

今日のトップニュースは、提携コンクールを上手に活用している指導者へのインタビューです。実績を挙げているリアルなエピソード満載ですので、上手にご活用ください。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 専務理事コラム > ニュース > > 提携コンクールの活用...